前回『あなたの経験を収益化する!ユニーク・ジャンルの候補を挙げる』で、あなただけのユニーク・ジャンルの候補を挙げました。

例えばブログなどで、「ユニーク・ジャンル(の候補)」に関する知識や経験をなんとなく発信していくだけでも、あなたは専門家として認識され、あなたのブログは誰かにとって唯一のものになるかもしれません。
しかし、それはボランティアです。継続的な収益を生むビジネスにはなりません。

ビジネスとして成り立たせるためには、キャッシュポイント(収入源、収入が発生するポイント)を作らなければなりません。
ブログのキャッシュポイントと言うと、Google AdSenseグーグル アドセンスなどの広告掲載を思い浮かべる人が多いですが、キャッシュポイントとしては弱いです。頑張って記事を書いているのに月間収益が3万円、……割に合いません。

だから、ブログではなく、マッチングサイトにするべきなのです。収益が1桁変わります。
ブログにしてもマッチングサイトにしても、「記事を書く」という行為に変わりはありません。だったら、収益が高い方がよいと思いませんか?

一方、すべてのユニーク・ジャンル(の候補)が、マッチングサイトに向いているかと言えばそうではありません。

最低限、4つのポイント(後述)を満たしている必要があります。

今日は、ユニーク・ジャンルの候補(マッチングビジネスのアイデア)を精査し、継続的な収益を生むものを絞り込んでいきます。
つまり、今日は準決勝です。決勝戦に進む最終候補を絞り込むのです。

今日の講座

ユニーク・ジャンルの候補(マッチングビジネスのアイデア)を4つのポイントで絞り込もう!

1.ユニーク・ジャンルを絞り込む(解説)

1-1.心構え

このユニーク・ジャンルの絞り込みこそ、マッチングビジネスを始めるにあたって最も脳に汗をかく工程です。脅かすわけではありませんが、まさに産みの苦しみを味わうことになるでしょう。

もちろん、一朝一夕には達成できません。1時間や2時間考えただけで、「いやぁ、思いつかないなぁ」と言っているようではどうにもなりません。
1日24時間、「4つのポイントを満たすユニーク・ジャンルはなにか?」、「なにを足したら(引いたら、掛けたら、組み替えたら)独自のジャンルになるか?」を自問しながら生活してください。特に、生活の中で「これって不便だよなぁ」や「このサービス、惜しいな。ここをこうしたらもっとよくなるのに」などと感じる機会があればチャンスです。その不便や不足にこそ需要があり、あなたの知識や経験をユニークジャンルに引き上げる最後のピースになるかもしれないからです。

脳に汗をかき、ストレスすら感じるかもしれませんが、ビジネスアイデアを考えることが大好きなあなたなら大丈夫です。
きっと唯一の独自ジャンルを見つけることができるでしょう。

1-2.4つのポイント

さて、浮かんだユニーク・ジャンルの候補(マッチングビジネスのアイデア)は、次の4つのポイントを基に絞り込んでいきます。

  • 具体的なターゲットをイメージできるか?
  • 悩みを解決するためにお金が必要か?(高額か?)
  • その大ジャンルに専門家が多く、その小ジャンル(ユニーク・ジャンル)に専門家は少ないか?
  • コンセプトは強いか?差別化できているか?

ターゲット

具体的なターゲットをイメージできるか?

簡単に言えば、あなたの記憶の中に、それに悩んでいる人がいるかどうか?です。
「○○さんは△△のことで困っていたな、ターゲットは○○さんみたいな人だ!」という具合です。

あなたは、最初のうちは、○○さんに向けて(○○さんの気持ちに思いをめぐらせて)記事を書くことになるからです。
「○○さん=あなた自身」でも構いません。

価格

悩みを解決するためにお金が必要か?(高額か?)

マッチングビジネスの定義は、「悩みを抱えている人に、その人が既に知っている解決方法よりも優れた方法(商品やサービス)を仲介し、適切な相手から対価を得る」です。
ですから、マッチングするものが、商品(物)であろうが、サービス(人)であろうが、とにかくお金が動かなければなりません。

また、商品(サービス)は高額であるほど好ましいです。
例えば、次の2つのビジネスであれば、どちらが好ましいでしょうか。

  • 自転車をレンタルしてくれるサービスを仲介するビジネス(料金は3,000円)
  • 自転車をカスタムメイドしてくれるサービスを仲介するビジネス(料金は60,000円)

後者の60,000円が動くビジネスの方が好ましく、あなたにも多くの仲介料が支払われます。

目安としては、1回の仲介で最低でも、どんなに少なくとも、50,000円以上のお金が動くものが好ましいです。200,000円以上が動くなら良ジャンル、500,000円以上が動くなら最良ジャンルと言えます。基本的にはですが。

競合

その大ジャンルに専門家が多く、その小ジャンル(ユニーク・ジャンル)に専門家は少ないか?

少しわかりにくいですね。例えば次のようなイメージです。

あなたはかばん屋になるわけではありません。革の鞄の専門店になるのです。
あなたはマッサージ屋になるわけではなりません。整骨院になるのです。
あなたは弁護士になるわけではありません。残業代請求専門の弁護士になるのです。

需要がある大ジャンルの中で、スナイパーのように照準を絞り、小ジャンル(いわばニッチなユニーク・ジャンル)で専門家になる、それがベストなのです。
そうすることで、あなたはより速く、より簡単に、そのジャンルの第一人者になることができるでしょう。

コンセプト

コンセプトは強いか?差別化できているか?

マッチングビジネスの定義は、「悩みを抱えている人に、その人が既に知っている解決方法よりも優れた方法(商品やサービス)を仲介し、適切な相手から対価を得る」でしたね。
この「その人が既に知っている解決方法よりも優れた」という部分が「コンセプト」です。
要は、あなたが仲介する商品(サービス)には、その人が既に知っている商品よりも優れている点はあるか?ということです。

なお、これを判断するには、競合の商品を熟知していなければなりません。前項の専門家の多寡(多い少ない)を調査する際に、競合がどのような商品を提供しているのか?内容は?価格は?納期は?特典は?競合のキャッシュポイントはどこでいくらくらいか?など様々な角度から丸裸にしておきましょう。

ジャンルや価格にもよりますが、可能であれば実際に申し込み、自ら体験してみることもお奨めします。
私も競合の商品を体験調査したことがありますが、見落としていたことや、より効率的な方法に気づかせてくれる場合があります。……遠慮なく、TTP(徹底的にパクる)しましょう。

2.ユニーク・ジャンルを絞り込む(実況)

では、私も、これから実際に運営するマッチングビジネスの「ユニーク・ジャンル」を絞り込んでいきます。

この先は会員のみ閲覧していただけます。
ログイン 会員になる

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について