eラーニング販売のマッチングサイト

1.eラーニング販売のマッチングサイトを作ってみた

マッチングサイトにはいろいろな型があります。大きく4つに分類できます。

  1. 仲介型(エージェント型)
  2. 一括見積型(エージェント型)
  3. マーケットプレイス型(プラットフォーム型)
  4. クラシファイド・広告掲載型(プラットフォーム型)

今回、“3.マーケットプレイス型(プラットフォーム型)”に属する、“eラーニング販売マッチングサイト”のデモを作ってみました。
簡単に言ってしまえば、例えばLinkedInラーニングUdemyのような「eラーニングのマーケットプレイスを作り、商品が売れる度に販売手数料をもらう、あるいは、見放題のサブスクリプション料金をもらう」仕組みを内製化してしまおうというものです。

集客し、販売機会(顧客)を提供しているという観点から、これもマッチングサイトと言え、この販売手数料やサブスク料金が収入源となります。

この記事では、実際に構築してみた私が、eラーニング販売マッチングサイトの『必要な機能』や、マッチングサイト構築の『注意点』などを解説していきます。

eラーニングとは

eラーニングとは、インターネットを利用したオンライン学習の総称です。eラーニング、オンライン学習、オンラインコース、Webラーニングなどと呼称されることもあります。最近では、学習状況を把握できるLMS(学習管理システム:Learning Management System)を利用したものが主流です。
※この記事では「オンラインコース」という表現が多いですがすべて同じ意味と捉えてください。

参考

商品が「eラーニング」ではなく「サービスや物品」を想定している場合、『【デモあり】マッチングサイトに構築できない3つの機能(マーケットプレイス型)』が参考になります。

2.デモサイトを作った目的

eラーニング販売マッチングサイトのデモを作った目的は大きく2つあります。

目的1.漠然とした不安や疑問を解決してほしい

この記事を読めば、次のような人たちの不安や疑問は解決するはずです。

  • eラーニング(オンラインコース)のマッチングサイトを作りたいと考えている人
  • マッチングサイトを作りたいがどんな仕様にするか悩んでいる人
  • マッチングサイトは外注しなければ作れないと思い込んでいる人
  • WordPressでどこまで構築できるか知りたい人

目的2.無料で構築できることを知ってほしい

このデモサイトの仕様は後述しますが、無料で利用できるツール(WordPressプラグイン含む)のみ利用しています。

知ってもらいたいのは、この程度の機能性なら「WordPress(無料)+プラグイン(無料)+決済サービス(無料)」で構築できるということ。

私の中で「高額な初期投資をしないこと」はとても重要です。
厳しいことを言いますが、成功するかどうかもわからないビジネスに百万単位の投資をすることはお奨めしません。失敗したらどうするのですか?もっと慎重(臆病)になりましょう。豪華なシステムは黒字化してから搭載すればよいのです。AmazonだってGoogleだってみすぼらしい仕様からスタートし、修正を重ねて今に至っているのです。

ですから、私のデモサイトは、WordPressと無料プラグインのみで成り立っています。海外には、日本ではあまり知られていない優秀な無料プラグインがたくさんあります。「マッチングサイトの制作には特殊な技術(プログラミングなど)が必要だから外注しなければならない」という根拠のない思い込みは捨ててください。

また、“費用”だけでなく“内製化”という観点も重要です。
内製化(外注化せず自社で行う)すれば、軽微な修正なら一瞬で完了しますし、A/Bテストなどのトライアルも柔軟に行うことができます。外注化だと、自由にカスタマイズできる箇所がごくわずかであったり、軽微な修正に数日を要し、しかも有料……、なんてことになりかねません。

そもそも自サイトの中にブラックボックスがあることは恐怖でしかありません。心臓を他者に握られているようなものです。サイトは内製化し、自サイトの仕様は掌握しておくべきです。
※プラグインを利用している時点でブラックボックスを抱えているようなものじゃないか?というご指摘はごもっともですが、他にやりようがないのでスルーさせてください。

3.デモサイトの仕様

サイト名Tutees(チューティーズ)
URLhttps://hero-biz.com/blue/
マッチング対象オンライン学習をしたい人 × オンラインコースを販売したい人
使用ツール・WordPress(無料)
・プラグイン(無料)
・Stripeなど決済サービス(無料)

無料で構築というのがひとつのウリですが、当然、レンタルサーバーやドメインの費用、決済時の決済手数料はかかります(それは普通のブログ運営でも同じです)。
なお、デザインはいまいちかもしれませんが、それは私のセンスの問題なので、あくまで機能面でのデモサイトと大目に見てください。

4.eラーニング販売マッチングサイトに必要な機能

eラーニング販売マッチングサイトに必要な機能、言い換えると、このデモサイトでできることの解説に移りますが、無料で構築したわりには高機能だと思います。WordPress × 無料プラグインだけでもこの程度までは作り込めます。

4-1.受講者ができること

オンラインコースを受けるの“受講者”ができることは下記です。

①マイページの利用

受講者1人1人にマイページが生成されます。購入したオンラインコースはマイページにストックされ、いつでも学習を進めることができます。

eラーニング販売のマッチングサイト

②学習状況の可視化

マイページではオンラインコースの学習状況(全体の何%が完了しているか?など)を確認することができ、学習の継続をサポートします。

eラーニング販売のマッチングサイト

③コミュニケーション

マイページ内の掲示板からインストラクターに直接質問ができます。回答の確認もマイページで行えます。

eラーニング販売のマッチングサイト

④クレジットカード払い

クレジットカード払い(Stripe利用)やPayPalでの支払いが可能です。※銀行振込にも対応できますが、販売手数料の自動分配(後述)など調整が必要です。

eラーニング販売のマッチングサイト

⑤受講コースの評価

受講したオンラインコースを評価(レビュー)することができます。

eラーニング販売のマッチングサイト

⑥インストラクターにもなれる

受講しているうちにインストラクターになりたくなったら、アカウントをアップグレードできます(収益を得られるようになります)。

eラーニング販売のマッチングサイト

4-2.インストラクターができること

オンラインコースを提供(販売)する“インストラクター”ができることは下記です。

①マイページの利用

インストラクター1人1人にマイページが生成されます。マイページでは、オンラインコースの作成、売上の支払い申請(後述)などができます

eラーニング販売のマッチングサイト

②オンラインコースの作成

テキスト、画像、動画(埋め込み・YouTubeへのリンクなど)を用いた本格的なレッスンが作成できます。

eラーニング販売のマッチングサイト

③コミュニケーション

マイページ内の掲示板で受講生から直接質問を受けることができます。質問と回答はコースページに表示され、他の受講生にも参照してもらうことができます。

eラーニング販売のマッチングサイト

④サブスクリプション販売

通常販売(売り切り)の他に、サブスクリプション(継続課金:日額・月額・年額)販売を採用することで収益構造を見直すことができます。

eラーニング販売のマッチングサイト

有料プラグインについて

有料プラグインを利用すれば、この他にも便利な機能(Zoomと連携し、オンラインコースにZoomセミナーやミーティングを組み込むなど)を追加できますが必須ではありません。黒字化してから検討しましょう。

4-3.サイト管理者ができること

サイト管理者、つまり、マッチングサイトを運営するあなたができることは下記です。

①フロントエンドからの登録

サイト訪問者の目に触れる部分を「フロントエンド」、通常はサイト訪問者の目に触れない、管理者が更新や修正などの作業をする部分を「バックエンド」と言いますが(例:WordPressのダッシュボード画面)、受講者の登録はフロントエンドで完結するため、バックエンドにログインさせる必要はありません。
※インストラクターはコース作成などの際にバックエンドにログインさせる必要がありますが、サイト管理者アカウントではないため機能は制限されます。

②登録者の管理

受講者やインストラクターの登録情報、コミュニケーション(Q&A)の内容、作成されたオンラインコースの承認など、あらゆるアクションを管理(監視)することができます。

③インストラクターにもなれる

サイト運営者は受講者にもインストラクターにもなれます。管理者・受講者・インストラクター、すべての権限を保有します。

④売上の保全

オンラインコースの売上は、一旦、サイト運営者に支払われます。直接インストラクターに支払わず売上金を保全することで、万が一トラブルが発生した場合の返金処理などにもスムーズに対応できます。

⑤販売手数料の自動分配

サイト運営者が保全している売上は、インストラクターからの出金申請によって払い出されます(承認制)。また、サイト管理者への販売手数料は自動で控除されるため面倒な計算は不要です。

⑥仲介の自動化

これらの機能により、仲介がほぼ自動になります。サイト運営者は集客や開発に専念することができるため、集客と販売を促進する好循環が生まれる可能性が高まります。※自動化にはメリットデメリットがあります。

5.マッチングサイト構築の注意点

次に、マッチングサイト構築の注意点です。

5-1.商品によって利用するプラグインが変わる

今回のデモサイト(無料構築)は商品が「eラーニング(オンラインコース)」に限定されているため、比較的にキレイなマッチングサイト(マーケットプレイス型)に仕上がりました。オンラインコースを販売するにあたって必要十分な機能は構築できています。

しかし、商品によっては、あなたが思い描いているようなマッチングサイトを構築できないこともあるので注意が必要です。言い換えれば、それを実現できるプラグインが存在しない場合もあるということです。
商品が「eラーニング」ではなく「サービスや物品」を想定している人には『【デモあり】マッチングサイトに構築できない3つの機能(マーケットプレイス型)』が参考になります。

5-2.プラグインとテーマには相性がある

必要十分な機能を構築できていますが、それでも軽微な不具合はあります。特に気を付けなければならないのはプラグインとテーマの相性です。
海外のテーマは、有名プラグインとの連携をあらかじめ想定して作られていますが、それでも万能ではありません。今回のデモサイトでも、連携がしっくりこない箇所がありました(製作者に問い合わせたところ「次回のアップデートで解消予定なんだYO」との回答があったので安心はしていますが)。

いずれにしても、回避策は「海外のプラグインを多用するなら、海外のテーマを使え」です。驚くほど簡単に連携できますから。日本ではそこまで有名ではないプラグインやテーマを利用しているため、私においても手探り感は否めませんが、よく言えば、その手探りが私の経験値になり、クライアント様にシェアさせていただけるわけです。

5-3.あなたは後発組である

仮にあなたが「eラーニング販売マッチングサイト」を始めるとします。しかし、冒頭で例示した LinkedInラーニングUdemyには太刀打ちできません。ノウハウ、認知度、影響力、ドメインパワー、資金力、権威性、勝てるものはないはずです。これは 「eラーニング販売マッチングサイト」 に限らずどんな形態であろうが、先発組と同じ土俵で勝負することは避けなければなりません。

「○○(有名サイト)と同じことをやりたいんです」という相談を受けることがありますが、即却下です。「勝負する」や「勝つ」という考えは捨てて、「少しでもシェアを奪う」くらいのつもりで考え直してもらいます。
少しでもシェアを奪うためには、よりニッチなジャンルで集客するしかありません。総合力では歯が立たなくても、特化したニッチジャンルであれば勝負できます。デパートではなく、専門店になってください。

6.サイト制作依頼も承ります

eラーニング販売マッチングサイトの『必要な機能』や、マッチングサイト構築の『注意点』などを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のデモサイト“Tutees”のようなサイトの制作依頼も承っております。依頼料は「20万円~」という感じで、導入したい機能やデザインのイメージなどにより要相談ですが、フルスクラッチ(真っ新な状態から独自に構築する手法)に比較すれば格安であることに間違いはありません。

※制作依頼のご相談はお問い合わせページからご連絡ください。

但し、明暗を分けるポイントはその商品(ジャンル)ということは忘れないでください。システムが少しくらい使いにくくても商品に魅力があれば売れますが、商品に魅力がなければどんなに高額なシステムを構築しても売れません

私の本職はマッチングビジネスコンサルティングですので、制作過程でジャンル選定のご相談も無料でお受けできます。言われるがまま制作して、後はどうなろうが知らないというスタンスではありません(私が200万円でサイト制作を外注した制作会社が何のアドバイスもくれなかったことに憤りを感じているからです)。

それでは、次の記事でまたお会いしましょう。

\ 最後にシェアもお願いします /

Similar Posts