2017年12月6日、Googleが「ページの評価方法」をアップデートしました。

「ページの評価方法」とは、「検索結果に表示される順位を決定するアルゴリズム(方法・基準)」のことです。
つまり、これまでのやり方では上位表示されなくなり、新たな方法・基準が導入されたということですね。

今日は、公式発表「医療や健康に関連する検索結果の改善について」を基に、「アップデートの内容」を解説します。

今日 学ぶこと

「医療関係者ではない人」が提供する「医療や健康に関連する記事」は検索結果において上位表示されにくくなりました。
この背景には、Googleも「あなたのユニーク・ジャンル見つけ、ユニーク・ジャンルの記事を書くこと」を推奨しているという大きな流れがあることを再認識しましょう。

それでは早速、始めましょう。

1.医療や健康に関連する検索結果の改善について(原文)


まずは、Googleが発表した内容(原文)を読んでおきましょう。

医療や健康に関連する検索結果の改善について
2017年12月6日水曜日
Google では、今週、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートしました。
この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。本アップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響します。Google では、医療や健康だけに限らず、今後も継続的に検索の改善に取り組んで行きます。
現在、毎日数百万件以上の医療や健康に関する日本語のクエリが Google で検索されています。これを分析してみると、医療の専門用語よりも、一般人が日常会話で使うような平易な言葉で情報を探している場合が大半です。日本のウェブには信頼できる医療・健康に関するコンテンツが多数存在していますが、一般ユーザー向けの情報は比較的限られています。
もし、あなたが医療関係者で、一般のユーザーに向けたウェブでの情報発信に携わる機会がありましたら、コンテンツを作る際に、ぜひ、このような一般ユーザーの検索クエリや訪問も考慮に入れてください。ページ内に専門用語が多用されていたら、一般ユーザーが検索でページを見つけることは難しくなるでしょう。内容も分かりづらいかもしれません。ユーザーがあなたのサイトを見つけるために使用している検索キーワードのリストは、Search Console で確認することができます。もし、そのリストが専門用語で占められていたら、一般ユーザーの多くはあなたのサイトの情報にアクセスできていない可能性があります。
Google では、アルゴリズムの改善やウェブマスターへの情報提供などを通じ、検索の改善に日々努めています。もし問題のある検索結果を見つけた場合には、デスクトップでは「フィードバックを送信」から、モバイルの場合は「ご意見・ご要望」からお知らせください。検索を改善するための情報として活用させて頂きます。
Posted by Shin Natori, Software Engineer

出典: Google ウェブマスター向け公式ブログ

2.アップデートの内容


今回のアップデートには、大きく2つの内容(改善)が含まれています。

1.
医療従事者や専門家、医療機関などから提供される情報(記事)が上位表示されやすくなった。
言い換えると、医療関係者ではない人から提供される記事は上位表示されにくくなった。

2.
(医療や健康に関連するジャンルにおいて)専門用語が多用されている記事は上位表示されにくい。

それぞれ詳しく解説します。

2-1.医療関係者ではない人から提供される記事は上位表示されにくくなった

前出の原文(前半部分)を読み解くと次のような趣旨です。

  • 医療や健康に関連するジャンルの記事が対象。
  • 記事の評価方法を改善し、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されるようになった。
  • より信頼性が高く有益な情報とは、例えば医療従事者や専門家、医療機関などから提供されている記事を指す。
  • この改善は、医療や健康に関連する検索のおよそ60%に影響する。
  • 今後も、医療や健康ジャンルに限らず、検索(評価方法)の改善に取り組んでいく。

なぜ、このような趣旨のアップデートがされたのか?

2016年11月末に、株式会社DeNA(ディー・エヌ・エー)が運営する医療情報キュレーションサイト『WELQ』が閉鎖に追い込まれる事件がありました。
これは『WELQ』の次のような点が問題視されたためです(この際に、同社は計10サイトを閉鎖しています)。

  1. 医療情報として不正確な情報が掲載されている
  2. 他サイトからの無断転載(と思われる)情報が多い
  3. 上記のような情報(記事)を大量に掲載(生産)し、検索結果の表示を独占していた

この影響を受け(たと思われるが)、Googleは2017年2月に「日本語検索の品質向上にむけて(後述)」を発表し、キュレーションサイトの評価を下げ、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイト(記事)が上位表示されるアップデートをしました。
キュレーションサイトとは、良く言えば「収集した情報をつなぎ合わせて新しい価値を持たせて発信するサイト」であり、悪く言えば「他サイトの情報をコピペして、体裁を整えただけの、オリジナル性のないサイト」を指します。

日本語検索の品質向上にむけて
2017年2月3日金曜日
Google は、世界中のユーザーにとって検索をより便利なものにするため、検索ランキングのアルゴリズムを日々改良しています。もちろん日本語検索もその例外ではありません。
その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。
今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。
この変更で、Google が認識する日本語検索の問題すべてを解決できるとは考えていません。検索品質向上のために、継続的にサイトの品質評価アルゴリズムのさらなる改善を行って参ります。
Posted by Shin Natori, Software Engineer

出典: Google ウェブマスター向け公式ブログ

ただし、これは氷山の一角であり、同様のウェブサイトは今でも多数存在しています。

「完璧な検索エンジン」を追及しているGoogleにとって、このような「不正確で、オリジナル性のない、低品質なウェブサイト」を上位表示させることは不本意極まりないからこそ、今回のアップデートに至ったと考えられます。

2-2.専門用語が多用されている記事は上位表示されにくい

前出の原文(後半部分)を読み解くと次のような趣旨です。

  • 現在、医療や健康に関連するジャンルにおいては、毎日数百万件以上の検索が行われている。
  • 検索されるキーワードは「医療の専門用語」ではなく、「一般人が日常会話で使うような平易な言葉」であることが大半。
  • 日本のウェブには信頼できる医療や健康に関する記事が多数存在しているが、「医療の専門用語」が多用されていて、検索結果の上位に表示されていない。
  • 医療関係者が情報発信をする場合、「一般人が日常会話で使うような平易な言葉」で検索されるように考慮してほしい。
  • そうしなければ、これからも、誰からも見つけてもらえないし、見つけてもらえても難しくて理解してもらえないかもしれない。
  • 医療関係者は、Search Console を活用して、自分のサイトがどのようなキーワードで検索されているか確認すべきだし、キーワードが「医療の専門用語」ばかりの場合には改善が必要。

これは、これまでも重要視されてきたポイントです。
医療や健康に関連するジャンルだけでなく、すべてのジャンルにおいて、専門用語の多用は好ましくありません

中学生でも理解できる、読み手優先(ユーザーファースト)の文章(記事)」を意識して執筆しましょう。

また、見方によっては、(これも医療関係者に限らず)各ジャンルの専門家への注意喚起とも受け取れます。
「もし、多くの人に記事を見つけてもらうためにGoogleの検索結果で上位表示されたいなら、Search Console などのツールを活用しようね」という。

何のために執筆しているのか?、集客のために執筆しているのなら「ウェブの最低限の知識」は身に付けましょう。

3.求められるのは専門家と専門家の記事


今回のアップデートにより、あなたが医療関係者でないのであれば、医療や健康に関連するジャンルはユニーク・ジャンルの候補から除外しなければならなくなりました。

インターネットの世界に少なからずの影響を与えたアップデートですが、これは当然の流れです。
なぜなら、Googleは「完璧な検索エンジン」を追及しているからです。

Googleの創業者であるラリー ペイジ氏は、次のように述べたことがあります。

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである

これを実現するために、何千人ものエンジニアや科学者たちが、日々、アルゴリズムの改善に取り組んでいるのです(2016年だけでおよそ1,653件の改善が追加されている)。

例えば、「飲食店」と検索すれば、「あなたが今いる場所の近所の飲食店が表示された地図」が表示されますが、これも、ユーザーのニーズに一致する答え(ユーザーが知りたいことを先読みした答え)を返す仕組みのひとつではあります。

しかし、Googleの根幹にあるものは、「より信頼性が高く有益な情報(記事)」や「よりオリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイト」が上位表示されるアルゴリズムです。
つまり、専門家や、専門家の記事が求められているのです。

現実の世界でも同じですよね。

医師の資格を持たない人が医療行為を行えば違法です。
弁護士の資格を持たない人が法律事務を行えば違法です。
※例えば、看護師や社会保険労務士のように、その一部の業を行える資格は除く。

また、行為や事務だけでなく、広告にすら制限が設けられています。
医療ジャンルの広告には厚生労働省が、弁護士の広告には弁護士会が制限を設け、信頼性が低く、低品質な(閲覧者の誤解を招くような)広告は排除する傾向が強くなっています。
つまり、専門家や、専門家の(規定を遵守した)広告が求められているのです。

あなたは、現実の世界(悩みを抱える人)だけでなく、インターネットの世界(Google)からも、様々なしがらみからも、専門家と認識されなければならないのです。
専門家と認識されなければ八方が塞がれ、稼ぐことができなくなります。

これを打破し、専門家と認識されるビジネスこそが「英雄型ビジネス」です。

参考英雄型ビジネスについては『あなたの経験を収益化する「英雄型ビジネス」とは?』で詳しく解説しています。

4.最後に


今回のアップデートの対象は、医療や健康に関連するジャンルのみでしたが、これは、同ジャンルが命や身体に関わるものであり、他ジャンルに比べれば重要性や緊急性が高かったためです。
いずれ、法律に関連するジャンルを始め、日常生活に関連する様々なジャンルもが対象になる日も遠くないかもしれません。

そうなれば、アフィリエイトなどの「専門家ではない人が紹介するだけのビジネス(紹介業)」は、本当の意味での商品の限界を迎えます。
「紹介業」が淘汰され、「専門家による仲介業」のみが生き残るのです。

参考紹介業と仲介業の違いや、商品の限界については『マッチングビジネスの収益を6倍にする仲介業の思考』で解説しています。

もし、あなたが、自分の知識や経験に基づかずに、あるいは、専門的な知識を学ぶ努力もせずに稼ごうとしているのであれば、時代に逆行していると言えるでしょう。

「Googleのアップデートの背景にある大きな流れ」を理解してもらえたなら、次回のシェアも楽しみにしていてください。