一般人がGoogle AdSenseアドセンスやアフィリエイトで稼ぐのは難しい…

今日は、ブログ収入を増やしたい人に、ひとつの提案をしたいと思います。

こんな人に読んでいただきたい内容です。

  • 月間1,000PVを超えているが収入が数百円
  • 月収30,000円の壁を破れない
  • Google AdSenseやアフィリエイトでの収入に限界を感じている
  • PVを追いかける日々に疲れてしまった
  • 「社会に貢献している感」を実感したい

私の、Google AdSenseの最高月収は7万円ほどです。
私の、マッチングビジネスの最高月収は70万円(平均35~40万円)ほどです。

これを多いと感じるか、少ないと感じるか、ご意見は様々だと思いますが、今日の本題はそこではありません。
……じつは、上記は同じサイトでの実績なのです。

この実績を基に言えば、「AdSenseだけを収益源としたら月収7万円のサイトも、マッチングビジネスを収益源とすれば月収35万円のサイトに化ける」ということです。その差は驚愕の5倍以上です。
※時期によってPV数などが異なるため、まったく同じ状況下での比較ではありません。

このように、マッチングビジネスには収入を爆増させる可能性が秘められています。

というわけで、今日は、「収入を増やしたいなら、マッチングビジネスやればいいんじゃないの?」というお話です。

それでは早速、始めましょう。

1.一般人が月収3万円の壁を破れるか?

いろいろな記事やデータを読んでいると、月収3万円という壁があるようです。

「3」という数字はひとつの区切りとして用いられることが多いですね。
「就職したら3年は働け」や「彼女(彼氏)とは、3週間、3か月、3年を乗り切れ」のような表現もあります。「石の上にも3年」なんて諺もありますね。

ブログ運営に月収3万円という壁があるとすれば、「月3万円を稼ぐまでが勝負!」といったところでしょうか。

確かに月3万円を稼ぐのって難しそう……なにか目安や参考データはあるのかな?

まずは、多くの人が収入源にしている「Google AdSense」と「アフィリエイト」における月収3万円の壁について考えてみます。

1-1.Google AdSenseで月3万円稼ぐには?

Google AdSenseで月3万円稼ぐ目安

「Google AdSense(以下、AdSense)」とは、Googleが提供する無料サービスで、あなたのサイトに、サイトの内容に関連するなどの広告が自動で掲載され、広告がクリックされる度に数円から数百円の報酬が支払われるものです。

AdSenseにおける収入の試算には、次の式を用います。

AdSense収入=PV数×クリック率(1%)×クリック単価(25円)

サイトの月間PV数が10万であれば、AdSense収入=10万×0.01×25円=25,000円と試算できます。
※クリック単価は表示される広告(あなたのサイトのジャンルなど)によって大きく異なる場合があります。

PVとは?

PVとは、「Page Viewページ ビュー」の頭文字を取ったもので、PV数とは「ページが閲覧された回数」です。詳しくは『月間1,000PVでも月収50万円、アクセスの「質」を追求する』が参考になります。

AdSenseでの収入は、基本的にはPV数に比例します。
AdSense収入の試算式「PV数×クリック率(1%)×クリック単価(25円)」からもわかるように、自力で改善できる項はPV数だけだからです。

もちろん、クリック率もクリック単価も工夫によって改善できますが、自動表示される広告の種類などにもよるため、コントロールは簡単ではありません。

下表は、AdSenseだけを収益源とした場合の、PV数ごとの月収を試算したものです。あなたが目指す月収を得るためにはどのくらいのPVが必要かを再認識しておきましょう。

月間PV数 月収の試算 備考
ここにすら辿り着けず挫折する人が多数
4万PV 1万円
副業として安定し始める
12万PV 3万円
20万PV 5万円 アルバイト(副業)の月収レベル
ブログを起点に他ビジネスを始めたくなる
40万PV 10万円
60万PV 15万円 アルバイト(本業)の月収レベル
80万PV 20万円
有名になり法人などからオファーも入る
100万PV 25万円
副業から本業にするか悩む
120万PV 30万円 20~30代の平均月収レベル
160万PV 40万円 40代の平均月収レベル
200万PV 50万円 50代の平均月収レベル
240万PV 60万円

前提として、月間PV数が30~40万を超えたあたりから、ブログ(ビジネス)の多角化を考えるようになりますから、以降も収入源がAdSenseだけという状況ではなくなるでしょう。
事実、この段階の人からの「頭打ちした感じがあるので、他のビジネスを始めたい」というご相談も割と多いです。

AdSenseで月3万円稼ぐことはできるか?

さて、本題の「AdSenseで月3万円稼げるか?」ですが、そのためには月間PV数12万が必要ということになります。

単純に「月間PV数12万を達成するためには記事が○○ページ必要です」のように定義できるものではありませんし、そのような定義を求めた時点でブログのなんたるかを見誤っています。
参考までに、私が関係しているいくつかのブログのページ別月間PV数(Google Analyticsのデータ)をお見せします。

ブログA ブログB ブログC
記事ごとの月間PV数 記事ごとの月間PV数 記事ごとの月間PV数

ブログAの場合、1番読まれている記事の月間PV数が5,788、2番目に読まれている記事の月間PV数が2,941という見方ですが、ブログA、B、Cで全く異なりますね。
言わずもがな、「ジャンル(競合)」×「記事の質(SEO)」×「運営期間(ドメインパワー)」が異なるからです。「記事が○○ページ必要です」なんて定義できません。

ただ、感覚論で言うなら、150記事くらいあれば月間PV数12万を達成できると思います。普通のジャンルで、普通の質の記事を、普通の頻度で執筆していくなら。

つまり、150記事を執筆する根性がない一般人は、AdSenseで月3万円を稼ぐことはできません

※手前味噌ですが、30記事程度で月間PV数30万を達成した経験もあります。ユニークなジャンルで、高い質の記事を執筆するなら150記事も要りません。しかし、「結果的にそうなることもあるよ」くらいに捉えてください。

補足

今日は各ブログの特徴などには触れませんが、誤解する人が必ずいるのでひとつだけ補足させてください。
PV数はブログの良し悪しを判断する基準にはなりません。PV数だけを見て「ブログBは弱小ブログ」と決めつける人がいますが、実際にはブログAよりも多くの収益を上げています。ただし、AdSenseだけを収益源としているのであれば、ブログBは弱小ブログでしょう。

1-2.アフィリエイトで月3万円稼ぐには?

アフィリエイトで月3万円稼ぐ目安

アフィリエイトとは、A8.net、バリューコマース、アクセストレード、Amazonアソシエイトなど各ASPが提供するサービスで、あなたのサイトに広告を掲載し、広告をクリック(経由)したユーザーが商品を購入する度に数百円から2万円ほどの報酬が支払われるものです。

扱う商品などによって報酬額が大きく異なるため、AdSenseのような目安(試算)は設けづらいのですが、次項のデータが参考になるはずです。

アフィリエイトでで月3万円稼ぐことはできるか?

下のグラフは、アフィリエイトサイト運営者(アフィリエイター)1,000名の月収を調査したデータですが、月収3万円以上を稼いでいる人は全体の5.7%です。
言い換えると、アフィリエイターが100人いれば、そのうち94人の一般人の月収は3万円未満というわけです。

月額アフィリエイト収入(2017年)

出典: アフィリエイト市場調査2017を発表 ~月3万円以上の収入があるのは全体の5.7%~

インターネットで検索をすれば、「アフィリエイト収入が100万円を超えた!」などのサクセスストーリーを見つけることができますが、それは、ほんの2.3%の人たちの話だということです。
(そもそも稼いでいない人は記事など書きません)

しかも、月収3万円以上を稼いでいる人は、平均5.2サイトを運営し、1日当たり平均2.5時間を作業に費やしていることがわかっています。

アフィリエイター運営サイト数と平均作業時間(2017年)

出典: アフィリエイト市場調査2017を発表 ~月3万円以上の収入があるのは全体の5.7%~

5.2サイトと言ってもランディングページだけの中身のないサイトも含まれているでしょうから参考にはなりませんが、少なくとも、毎日2.5時間を作業に充てる覚悟がない一般人は、アフィリエイトで月3万円を稼ぐことはできません

補足

マッチングビジネスにおいても同等以上の作業時間は必要です。ただし、同等の時間を作業に充てれば、月10万円を稼ぐ人は2.3%をはるかに上回るでしょう。

さらに驚かされたことは、調査対象1,000人のうち670人ほどがアフィリエイト歴3年以上ということです。これにも放置している人なども含まれているのでしょうが、3年も真面目に取り組んでいるにもかかわらず月収10万円も稼げていないなら、他のビジネスに目を向けるべきです。

最速で成功する秘訣は「とにかくやってみること」ですが、「稼げないとわかったらすぐに撤退すること」も重要です。稼げないビジネスに執着していても時間を浪費するだけです。
個人的には、半年~1年で芽が出ないなら撤退(しばらく放置)すべきと考えています。

2.マッチングビジネスという収入源

そんなこと言われても、AdSenseやアフィリエイト以外に、ブログでできるビジネスはないでしょ?

……いや、あるでしょ!

あなたの知識や経験を活かして、悩みを抱えている人に、その人が既に知っている解決方法よりも優れた方法(商品やサービス)を仲介し、適切な相手から少なくない対価を得ることができる、言い換えれば、「広告を貼り付けるだけの紹介業」の限界を突破し、「あなたが情報を掌握する仲介業」とも言える、アフィリエイト報酬の6倍もの対価を得ることができる、もっと言えば、お客の人生に大きくかかわり、「ありがとう」と感謝され、社会に貢献している感をそこはかとなく感じられるビジネスについて何度も説明し……うんちゃらかんちゃら……

……そう、マッチングビジネスがあるでしょ!

なぜ、収入源としてマッチングビジネスを奨めるのか、いくつかの理由をお話します。

2-1.収入が5~6倍に増える

AdSenseと比較して

AdSenseに関しては、すでにお話したとおりです。
AdSenseだけを収益源としたら月収7万円のサイトも、マッチングビジネスを収益源とすればその5倍、月収35万円のサイトに化ける可能性が秘められています。

比較しやすいように、前記の「AdSenseだけを収益源とした場合の月収試算(表)」に、「マッチングビジネスを収益源とした場合の(私の)月収」を付け足してみます。

月間PV数 アフィリエイト月収試算 マッチングビジネス平均月収
2,000PV 数百円 61万円 ※運営2年目
1万PV 数千円 50万円 ※運営3年目
4万PV 1万円
12万PV 3万円 39万円 ※運営4年目
20万PV 5万円
25万PV 6万円 52万円 ※運営5~6年目
40万PV 10万円

※マッチングビジネスを7年弱運営していましたが、上記は2~6年目(5年間)の実績です。1年目(半年間くらい)は月間PV数が500未満でしたし、7年目にはさすがに競合も増え収益が下がりました。平均月収35~40万円は7年間を対象にした平均です。

2年目の「月間PV数2,000に対して月収61万円」は、自分で言うのもなんですが、異常です。しかし、3年目の「月間PV数1万に対して月収50万円」は非現実的な数字ではありません。

また、特筆すべきは、月間PV数1万でも、月間PV数25万でも、月収は50万円ほどという点です。AdSenseのようにPV数だけに比例するわけではなく、ビジネス自体の差別化で勝負が決まるとも言えます。

参考ページ

マッチングビジネスの実績は『私が稼いでいるマッチングサイトを大公開!成功要因を分析する』で詳しくお話しています。

アフィリエイトと比較して

アフィリエイトに関しては、特に報酬額に大きな差が生じます。

アフィリエイトの報酬(紹介料)は高額なものでも2万円ほどですが、マッチングビジネスの報酬(仲介料)は、3~20万円/件(平均12万円/件)です。
※私の実績を基にしています。仲介料は仲介する商品(サービス)によって異なります。

……1件当たりの報酬単価が高い方が、多く稼げるのは当然ですよね。

アフィリエイトに比較して6倍もの報酬を受け取ることができる主な理由は次の3つです。

マッチングビジネスの報酬が高額な理由

  1. 自分が仲介業者だから
    ASPを介さないため、仲介手数料を支払う必要がない(と言うより自分が仲介手数料をもらうポジション)。
  2. 商品を差別化できるから
    どのサイトからでも購入できるアフィリエイト商品ではなく、あなたのサイトからしか購入できない商品であるため、競合が極めて少ない。
  3. 自分がオーナー(メーカー)だから
    メーカーは自商品の価格を自由に決定できるため、需要がある限り、強気の価格設定ができる。
    ※ここで言う需要とは、ユーザーのみならず、マッチングビジネスにおける提携業者からのものも含みます。
参考ページ

アフィリエイトとの違いについては『マッチングビジネスの収益を6倍にする仲介業の思考』でより詳しくお話しています。

2-2.すぐに始められる

マッチングビジネスと言うと、とても難しいものをイメージしてしまう人もいますが、そのようなことはありません。
論より証拠、「ブログ」と「マッチングビジネス(マッチングサイト)」の構成図を比較してみます。

まずは、ブログの構成図です。

ブログの構成図
ブログの構成図

よくある一般的な構成ですね。
次に、マッチングサイトの構成図です。

マッチングサイトの構成図
マッチングサイトの構成図

ブログに、「セールスページ」と「注文ページ」を追加するだけです。
※「セールスページ」と「注文ページ」は合わせてひとつのページとすることもできます。

参考ページ

上記マッチングサイトの構成図は最終形態ではありません。詳しくは『コンバージョン率を高める「マッチングサイトの構成図」』で解説しています。

もちろん、ページを追加するだけとは言っても、簡単にできるものでもありません。
少なくとも次の5つを組み立ててからではないと、セールスページは作成(追加)できません。

マッチングビジネスを始める前に組み立てなければならない5つの骨子

  1. マッチング対象:誰と誰をマッチングするか?
  2. キャッシュポイント:収入が発生するポイントはどこか?
  3. 商品価格と仲介料:商品価格と仲介料はいくらか?
  4. マッチング方法:仲介する提携業者をどう選ぶか?
  5. ベンチマーク:ベンチマークするサイトはどれか?
参考ページ

上記5つの骨子については『マッチングビジネスを始める前に組み立てておきたい5つの骨子』が参考になります。

しかし、言い換えれば、これらの骨子を組み立てることさえできれば、すぐにでもブログにマッチングビジネスを追加することができます。

2-3.AdSenseやアフィリエイトとの併用もできる

また、マッチングビジネスを追加すると言うと、AdSenseやアフィリエイトをやめなければならないと誤解してしまう人もいますが、そのようなこともありません。

例えば、ひとつのブログの中に、AdSenseとアフィリエイトの両方を取り入れている人はいませんか?
両方を取り入れる理由は、扱う商品を増やすことによってキャッシュポイントも増やしたいといったところではないでしょうか。

  • AdSense
    興味のあるお客を集める→広告を貼る→広告主のサイトで注文してもらう。
  • アフィリエイト
    興味のあるお客を集める→広告を貼る→広告主のサイトで注文してもらう。
  • マッチングビジネス
    興味のあるお客を集める→自サイトのセールスページに誘導する→注文してもらう。

……違いはなにもありませんよね?

マッチングビジネスをやるかどうか?は、AdSenseをやるか?アフィリエイトをやるか?併用するか?の検討と同じレベルです。

補足

自サイト内で競合が発生しないわけではないので、あれこれ構わず扱う商品を増やせばよいというものでもありません。いずれ絞り込みは必要です。

2-4.「社会に貢献している感」を実感できる

マッチングビジネスは、広告を貼るだけのビジネスではないため作業量は増えますが、「社会に貢献している感」を強く実感したい人にはお薦めです。

マッチングビジネスの定義は、「悩みを抱えている人に、その人が既に知っている解決方法よりも優れた方法(商品やサービス)を仲介し、適切な相手から対価を得る」です。

AdSenseやアフィリエイトも広義では、悩みを抱えている人に、広告を通じて解決方法を紹介するものですが、その対象は顔の見えない不特定多数です。
どんな人があなたの記事を読み、どんな想いでその広告をクリックしたか?などわかりません。もっと言えば、悩みが解決したかどうか?もわかりません。

しかし、マッチングビジネスの対象は、顔の見える1人1人の人間です(実際に顔は見えませんが個別のやり取りが発生するという意味です)。
窓口となるあなたは、お客の悩みに傾聴し、お客にマッチした解決方法や提携業者を仲介します。そして、仲介が成立すれば(悩みが解決すれば)、お客からも提携業者からも直接感謝されます。

いわゆるインターネットビジネスの中で、人から直接感謝され、「社会に貢献している感」を実感できるものはそう多くありません。
AdSense?アフィリエイト?FX?暗号通貨?……無機質なパソコン画面を相手に一攫千金を狙うのもアリですが、社会に貢献できるのか?何を成し遂げられるのか?までを求める意識の高い人には、マッチングビジネスは(ある意味では)手軽なビジネスとも言えます。

3.ブログにマッチングビジネスを追加する手順

マッチングビジネスの魅力はなんとなくわかったけど、どうやって始めたらいいの?

3-1.プロダクトアウトではなくマーケットインの視点

マッチングビジネスを0(ゼロ)から始める場合、「あなたが既に持っている知識や経験を活かせるユニーク・ジャンル」の選定から始めることを奨めています。
つまり、どちらかと言うと「プロダクトアウト」の視点から始めていきます。

プロダクトアウトとは?
自分の作りたいものや作れるものを基準に商品(サービス)開発を行うこと。
参考ページ

ユニーク・ジャンルとい言葉を初めて聞く人には『あなたの経験を収益化する「英雄型ビジネス」とは?』が参考になります。

しかし、この記事をお読みいただいているあなたは、ブログを保有していて、且つ、そのブログで活かして稼ぎたいと考えているはずです。

そのような場合、ジャンルはなにか?どんな悩みを抱えている人が集っているか?など、どちらかと言うと「マーケットイン」の視点で追加することになります。

マーケットインとは?
お客(市場)のニーズを基準に商品(サービス)開発を行うこと。

3-2.どんな悩みを抱えている人が集っているか?

どんな悩みを抱えている人が集っているか?、言い換えれば、どんなキーワードで検索した人が多く訪問しているか?です。

例えば、あなたのブログに「労働基準法 残業」というキーワードで検索した人が多く訪問しているのであれば、「残業代請求」に関するマッチングビジネスが向いているかもしれません。
「会社 節税」というキーワードであれば「税理士」のマッチング、「洗濯機 故障」というキーワードであれば「修理業者」のマッチング、「庭木 剪定」というキーワードであれば「造園業者」のマッチング、という考え方です。

あなたのブログには、悩みを抱え、解決方法を探している見込み客がすでに集まっている状態ですから、「お悩みの人には○○を紹介しています」と優れた解決方法を提案(仲介)をしてあげるのです。

この場合の構成図は、前記のものと同じになります。

マッチングサイトの構成図
補足

見込み客が集まっている状態に、「こんな商品ありますよ」と提案(紹介)するものがアフィリエイトです。マッチングビジネスもアフィリエイトもその成り立ちは同じです。取っ付きにくいものではありません。

なお、どんなキーワードで検索した人が多く訪問しているか?は、Googleサーチコンソールを利用することで、簡単に調べることができます。

Googleサーチコンソールで検索されたキーワードを調べた結果画面

SearchConsole-検索パフォーマンス

参考ページ

Googleサーチコンソールの登録手順や使い方は『検索キーワードや掲載順位も調べられるサーチコンソールの登録手順』で解説しています。

3-3.雑多ブログの場合は、ブログ単位ではなく記事単位

あなたが運営しているブログが「特化型ブログ(ひとつのジャンルに特化したブログ)」であれば、Googleサーチコンソールの結果画面には同じような(同じジャンルの)キーワードが表示されるでしょう。
しかし、あなたが運営しているブログが「雑多ブログ(ジャンルを絞らず書きたいことを書くブログ)」であれば、表示されるキーワードも雑多でしょう。

そのため、特化型ブログではない場合(キーワードが雑多な場合)、ブログ単位ではなく、記事単位で検討する必要があります。
さもなければ、洗濯機の故障に悩んでいる人にまで、造園業者の紹介を提案するような、なんともお粗末なビジネスになってしまうからです。

つまり、「洗濯機 故障」で検索した人が多く訪問している記事でのみ、「お悩みの人には修理業者を紹介しています」という提案(仲介)をしてあげるのです。

この場合の構成図は、次のようになります。

マッチングサイトの構成図

カテゴリーCに属するひとつの記事でのみ提案できるかもしれません。
場合によっては、カテゴリーBに属するすべての記事で提案できるかもしれません。

ブログ全体ではなく、記事ごとの検索されているキーワードもGoogleサーチコンソールで調べることができますので、これらの判断も簡単にできるでしょう。

参考ページ

記事単位の検索されているキーワードの調べ方も『検索キーワードや掲載順位も調べられるサーチコンソールの登録手順』で解説しています。

補足

ブログ単位で提案できるに越したことはありません。運営しているブログが雑多ブログ、且つ、月間PV数が2,000未満(目安)の場合、新規ブログを起ち上げた方が結果的に早く収益化できるかもしれません。

4.最後に

今日は、「収入を増やしたいなら、マッチングビジネスやればいいんじゃないの?」というお話をさせていただきました。

マッチングビジネスには収入を爆増させる可能性が秘められていますが、AdSenseやアフィリエイトに比べて難易度が高いというわけでもありません。

しかし、「作業が増えるのは嫌だ、楽して稼ぎたい」という人には不向きです。効率的に稼ぐ方法は存在しても、楽に稼ぐ方法は存在しませんからね。
「貼るだけのビジネス」から一歩先に進みたい人にだけマッチングビジネスもお奨めします。

マッチングビジネスに興味をお持ちいただけたなら、次回のシェアも楽しみにしていてください。